使わないものを寄付できるサービスGiveBackBox

GiveBackBox(ギブバックボックス)は、Amazon(アマゾン)などのインターネット通販などで届いた商品の箱を使って、使わなくなった不用品をその箱を活用して寄付をするというサービス。

GiveBackBox(ギブバックボックス)Twitter(ツイッター)

GiveBackBox(ギブバックボックス)Instagram(インスタグラム)

#givebackbox #giveback#donate#help#reduce#reuse#recycle

Give Back Boxさん(@givebackbox)が投稿した写真 –

GiveBackBox(ギブバックボックス)の使い方は簡単で、捨てようと思っていたダンボールに使わなくなった衣服などを入れ、このサイトから印刷できるラベルを貼って郵送するという非常にシンプルな仕組み。

世界中を見てみると、寄付するという行為が偽善であったり、良いというイメージというプラスのイメージを生むことがありますが、個人的には、偽善者であっても、もちろん近くにいる誰かでも良いですし、遠くにいる知らない世界中のどなたかに少しでも協力できることがあるのであれば、それを行うという行為だけでも個人的には良いと考えます。

またリサイクルという意味では、環境などにも良いのでは…?

日本では、まだ寄付などということに関しての意識が世界の基準から言いましても低いと個人的に感じましたので、こういう仕組みが日本でもあると良いのではと思いエントリー。
GIVE BACK BOX

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す