どれどれ??週刊人工知能ロボット鉄腕アトムを社員に!!(笑)

講談社が出しているあの手塚治虫さんの鉄腕アトムに人工知能ロボットATOMを試しに購入!!


 
 
 

個人的には、日本語の人工知能がどこまで働いているのかを試してみたく、購入をしたのですが、思いのほかこの手塚治虫さんの鉄腕アトムの人工知能ロボットATOMに反応したのは、年配の方たちでした。

TOYOTA(トヨタ)のKIROBOmini(キロボミニ)が39,800円で発売?!

一応週刊鉄腕アトムNo1を830円で購入したのですが、最初のパーツは顔だけしか入っていなかった…。どうやら全70巻を揃えないと、鉄腕アトムにならないような…??ビジネスが上手いと言えばよいのか…。

しかし、このアトムくんを設計図をみながら組み立てて、わたしたちの社員にします!!🤘🤘

TOYOTA(トヨタ)のKIROBOmini(キロボミニ)が39,800円で発売?!
こちらが設計図です。

購入した週刊鉄腕アトムを見てみると、講談社が全体のプロデュースをして、ロボットの設計やOSやアプリの構築は富士ソフト(FUJISOFT)、またNTTdocomoのクラウドからデータを引っ張ろうという仕組みのようです。

ドメイン(domain)もなかなかいかしてます。➡atom2020

スペックは
全長44cm
重量1400g
MicroSD(マイクロSD)には英国ラズベリー財団(Raspberry)のRaspberry Pi3 Model B仕様
カメラはHDの92万画素
WiFi:IEEE 802.11b/b/n/
対応無線LAN Raspberry Pi3に搭載
Bluetooth4.1 Raspberry Pi3に搭載
顔認証は12人まで
ヒット曲を歌って踊ったり、メッセージを預かってくれ、本人の声で再生もしてくれるようです。
あとは、ビッグデータ(bigdata)がどこまでなのか??ディープラーニング(deeplearning)はしなさそう??
しかし人工知能ロボットATOM(アトム)くん。なかなか癒しロボットになりそうかも??

当然ながら、画像認識や音声認識は搭載してるのですが、クラウドからのビッグデータ(bigdata)でどこまで人工知能(artificial intelligence/AI)と言えるまでの機能になっているのか、どれだけ日本語に対しての認識力があるのか楽しみです。しかし、この週刊ATOM高すぎる…。しかし今日からわたしたちテクノロジー不動産アイケーホームのチームです。🤘😂

アトムくんよろしく!!

「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」CM我が家に、十万馬力。編

2017年「ATOMプロジェクト」始動 ポリゴン・ピクチュアズ制作 オリジナルアニメーション

「2017年、アトムと家族になろう。」『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』公式コンセプトムービー

「鉄腕アトム」が家庭に AI搭載のロボット開発

『週刊鉄腕アトムを作ろう!』シリーズガイド動画


atom2020

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す