人工知能チャットボット物件探し

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

人工知能(ArtificialIntelligemce/AI)を活用したチャットプラットフォームAI Messenger(エーアイメッセンジャー)が、データフィードマネジメントツールと連携し、複数の画像をひとつの画像スペースに表示する「カルーセルフォーマット形式」に対応し、ローンチ。

AI Messenger(エーアイメッセンジャー)は、人工知能(ArtificialIntelligemce/AI)チャットプラットフォーム。ユーザーが入力した文章から条件を自動で抽出し、データベースリストから該当する回答を自動応答することができるようです。企業のWebサイト上のやり取りに加えて、SNSメディアに対応しており、24時間365日、さまざまな分野で、リアルタイムに問題を解決することで、ユーザー満足度の向上を図り、離脱率の改善・CVRの最大化に貢献するという機能を備えているようです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

このたび「AI Messenger」は、当社が開発するデータフィードマネジメントツール「CA DataFeedManager」と連携し、新たにチャット上にて画像を表示することが可能となり、複数の画像をひとつの画像スペースに表示する「カルーセルフォーマット形式」に対応いたしました。これまでユーザーとのやり取りはテキストが中心となっていましが、本対応により、チャット上にて複数の画像を表示することができ、商品やサービスへの理解促進を図るとともに、ユーザー満足度の向上に貢献することをめざしているようです。なお「カルーセルフォーマット形式」は、企業のWebサイト上や、SNSメディア各種に対応しているようです。

機能面では、まだ利用はしていないので、正直はっきりしたことは言えませんが、おもしろそうです。

今までイタンジのヘヤジイを使ってみましたが、よくできているとは思いましたが、実際にの機能性に問題があり、また、話題となったハウスコムの人工知能コムるくんは人工知能が果たして搭載されていたのかもいまだに疑問で、結局のところ普通の検索サイトのようなものでしたので、今回のサイバーエージェントのAI Messenger(エーアイメッセンジャー)にちょっと期待をしています。

コメントを残す