人工知能アプリ開発ツール

人工知能(ArtificialIntelligence/AI)の開発は、難しいように思われてきましたが、ここ最近さまざまな人工知能(ArtificialIntelligence/AI)サービスがオープンソース化して、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)の開発が非エンジニアでも作れるようになってきました。

わたしたちも非エンジニアなのですが、わたしたちは人工知能(ArtificialIntelligence/AI)が非エンジニアでは、良いサービスが作れないので、あれこれやっておりますが…。

非エンジニアでも、たくさんの情報にふれることで、多少のプログラミングの知識があれば、人工知能を使ったアプリやシステムを開発できるようになってきております。但し、わたしたちのコア事業不動産事業の人工知能(ArtificialIntelligence/AI)ですと、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)が、少し前にGoogle(グーグル)が英語を介さなくても人工知能(ArtificialIntelligence/AI)が言語処理に対応することに成功したようですが、まだ日本語となると…。またAPIも日本だとなかなかAPIを公開しているところが少なく…。

わたしたちは、まだ人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を使ったアプリ開発をしておりませんが、いろいろとやっていると、意外と身に付くものですね。いつかは、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)とチャットボット(チャットbot/chatbots)APIを組み合わせて、不動産の良いサービスをローンチできればと模索中ですが、いろいろといじっている中で、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)の良さそうなサービスをいくつかご紹介します。

1.Google(グーグル)のTensorFlow(テンソルフロー)


TensorFlow

非エンジニアのわたしたちからすれば、かなり高度ですが、かなり良いですし、Google(グーグル)系なので、Google(グーグル)と上手く絡められればとても良いのでは??

それでも始めたいという方は下の「Get started」を

TensorFlow: Open source machine learning

Google(グーグル)TensorFlow(テンソルフロー)Twitter(ツイッター)

2.IBM Watson(ワトソン)


IBM Watson

結構IBM Watson(ワトソン)を活用している企業が多いのですが、これまた難しい。しかし、最近になって日本語の説明動画なども多く付けてくれているので、以前よりかは使いやすくはなりました。

3.wit.ai


wit.ai

Siriの開発者たちが立ち上げたVivのような強敵もおりますが、まずはSiriみたいなものが制作できますが、現時点では、日本語に対応してない。

4.Amazon Machine Learning


Amazon Machine Learning

わたしたちが制作したいものに使えるのかな?と思い私たちは途中でいじるのをやめてしまったのですが、これが入りやすいかもしれません…。
プログラミングの知識もほとんど使わなくてもビッグデータを機械学習して、未来予測を行えたり、これは誰でも簡単だと思いますが、CSVなども使えます。

5.Meya


Meya

Meyaは非エンジニアには良いかも。チャットボット(チャットbot/chatbots)を作りたい方なら、LOHACOのマナミさんのようなチャットボット(チャットbot/chatbots)を制作でき、Facebook Messenger(フェイスブックメッセンジャー)やLINEやslack,kikなんかのメッセンジャーアプリにも対応しています。

いじればいじるほど非エンジニアでもエンジニア並みの知識は当然付いてきますが、いじればいじるほどプロのエンジニアではないので、これだというものが見つかったと思えば、次から次へと良いサービスが出てきたりしますので、いろいろな情報を得ることやわたしたちはある程度絞れているのですが、「これだ!!」と思ったものに集中した方が良いですねlol
非エンジニアですので、GithubやPython、C++などにも興味が出てきたりで、本業の不動産事業と並行して独自で良い不動産サービスをローンチできないか模索中です。人工知能(ArtificialIntelligence/AI)とチャットボット(チャットbot/chatbots)APIなどを組み合わせた良いサービスをローンチしたくて模索中ですlol

コメントを残す