人工知能はビッグデータにないものを処理できる?

人工知能(artificial intelligence/AI)は、ビッグデータ(bigdata)にないものをきちんとディープラーニング(deep learning)できるのか?

TensorFlow(テンソルフロー)Twitter(ツイッター)

これは、個人的にも疑問でしたが、わかりやすくシンプルに日本の体操競技オリンピック金メダリストの内村航平選手が表現していた。

例えば、体操競技のジャッジというものは非常に難しいようで、体操競技のジャッジを機械化しようしていることに関して、体操業界でもさまざまな技や身体の角度から体操の点数を機械にジャッジさせようとするため、人があらゆるデータでビッグデータ(bigdata)を作っているようです。

しかし、個人的な現時点での疑問でもありましたが、内村航平選手も言っていたように、では、ビッグデータ(bigdata)にない新しい技や、同じ技でも個性というものを人工知能(artificial intelligence/AI)は、きちんとジャッジできるのかということです。

人工知能(artificial intelligence/AI)がデータ(data)にないものをきちんとディープラーニング(deeplearning)できるのかということです。

もちろん技術的な面で言えば、そう遠くはない将来にきちんとした人工知能(artificial intelligence/AI)ができるとは思いますが、現在騒がれている人工知能(artificial intelligence/AI)の技術で、データ(data)が何もないところからきちんとしたジャッジをできるのかということに個人的にも疑問に思います。

人工知能(artificial intelligence/AI)という言葉がやたらもてはやされ、人工知能(artificial intelligence/AI)という言葉を用いたサービスが多く出てきましたが、現時点では、人工知能(artificial intelligence/AI)はまだ不完全なように個人的には考えます。

特に日本語は難しいので、英語圏では人工知能(artificial intelligence/AI)を用いたサービスで、例えばコールセンターのようなものも人工知能(artificial intelligence/AI)が対応し、カスタマーやユーザー側は、人工知能(artificial intelligence/AI)と会話しているということを感じないくらい自然なやりとりができているようですが、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)は、日本語が素晴らしいが故に、人工知能(artificial intelligence/AI)のサービスをローンチするのは早いように感じます。

現在は、人工知能(artificial intelligence/AI)を作るために、ロボット(robots)ではなく、所詮人がアナログでビッグデータ(bigdata)を作って、人工知能(artificial intelligence/AI)「らしいもの」を作っていることが多いですからね。

それでもテクノロジー(technology)の進化は凄いですね。

コメントを残す