人工知能によって無くなる仕事

人工知能(artificial intelligence/AI)の発展により、仕事のほとんどが、人工知能(artificial intelligence/AI)の発展にって、10年以内には、仕事の約90%の仕事が人工知能(artificial intelligence/AI)によって、業務が行われ、本当に有能な人材しか生き残れないを時代が、目安としましては、10年以内とは記載しておりますが、そう遠くないうちに、人に代わって、人工知能(artificial intelligence/AI)が仕事の業務を行ってしまうとテック業界のFounderたちの多くは、発言しております。

%e4%ba%ba%e5%b7%a5%e7%9f%a5%e8%83%bd%e7%94%bb%e5%83%8f

下記の記事は、わたしたちも関係しますが、発言者によって異なりますが、人工知能(artificial intelligence/AI)によって、雇用という概念がなくなる仕事のリストです。

人工知能(artificial intelligence/AI)によって無くなる仕事

・小売店販売員
・一番事務員
・セールスマン
・一般秘書
・事務職
・商店レジ打ち係や切符販売員
・箱詰め積み降ろしなどの作業員
・帳簿係などの金融取引記録保全員
・大型トラック・ローリー車の運転手
・コールセンター案内係
・乗用車・タクシー・バンの運転手
・中央官庁職員など上級公務員
・調理人(料理人の下で働く人)
・通訳
・税理士
・弁護士
などいろいろな方によって意見は異なりますが、ほかにも数多くの仕事が人工知能(artificial intelligence/AI)によって、支配されてしまう世界が近くなっています。

現段階で、すでに例えば確定申告などの税務上の処理は、税理士を介さず、すでに人工知能(artificial intelligence/AI)によって自動で勘定科目から何までサポートしてくれるサービスはすでに出ております。

また弁護士に関しましても、例えば、話題になった、DoNotPayという人工知能(artificial intelligence/AI)弁護士を19歳のイギリスの学生がチャットボット(チャットbot chatbots)と人工知能(artificial intelligence/AI)などを搭載させ、ディープラーニング(Deeolearning)することで機械学習させるプログラムを結構前に開発しております。
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32
DoNotPAY

例えば、Google(グーグル)のCofounderラリー・ペイジ(Larry Page)は、必ず起こると断言していることは、人工知能(artificial intelligence/AI)の急激な発達により、現在日常で行われている仕事のほどんどをロボットが行うというもので、近い将来、10人中9人は今とは違う仕事をしているだろうと述べています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

MicrosoftのFounderbビル・ゲイツ(Bill Gates)も警告をしています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

テクノロジーが発展すればするほど、人間が物理的に行う仕事はどんどん無くなっていき、オックスフォード大学の調べでは、現在人間が行っている47%の仕事が20年以内に機械によって代行され、ビル・ゲイツも人々にしっかりと来るべき未来を意識するようにと警告しています。

もちろん、将来のことなんてはっきりと断言できる人たちはいない。しかし、唯一言えることは、来るべき時代に対応できるような常日頃からの情報収集や、勉強などの努力を欠かさなければ、このリスクを回避できるのでは?

しかし、技術が発展しても結局は、そのプログラムを開発しているのは人です、また、人との信頼関係というものは、どの時代にも無くならないと個人的には御考えます。

いろいろな方たちとの出会いを大切にしていくこともとても重要な要素だと個人的には考えます。

一番良くないことは、現状に満足してしまっていたり、努力を怠っていると、いつくるかわからない技術革新に対応できるだけの努力や能力を有しているのかというところではないでしょうか?

(画像出典:Forbes

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す