人工知能で株取引

すでに人工知能(artificial intelligence)を活用して株の取引を行っている投資家が増えています。

%e4%ba%ba%e5%b7%a5%e7%9f%a5%e8%83%bd%e7%94%bb%e5%83%8f

証券会社の株の売買取引の役割は、人工知能(artificial intelligence)によってすでに支配され始めています。

株価のチャートを人工知能(artificial intelligence)にディープラーニング(Deepleaning)をさせて、あとは、ロボットが株の買い時や売り時をロボットが自動で取引を行ってくれるというシステムを構築している方が増えています。

わたしは、株の投資や株についての知識はないのですが、実際に人工知能(artificial intelligence)にディープラーニング(Deepleaning)をさせて株の売買を行って利益を上げている投資家が徐々に増えています。

%e6%a0%aa%e4%be%a1%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f

独自のアルゴリズムや人工知能(artificial intelligence)を活用して、あとはロボットがディープラーニング(Deepleaning)をしてくれれば、株価の買い時や売り時が100%ではないのですが、うまくこのシステムを構築している投資家はこのようなシステム構築をしています。

こういった取引が良いのか、悪いのかは、わたしは株に関しましては、疎いところはありますが、このシステムが受け入れられるのであれば、今後の株の売買はロボットに任せておけば、自動で、株式を良いタイミングで、売り買いをしてキャピタルゲイン(capital gain)を何もしないで得ることになります。

証券会社や投資家たちは、テクノロジーをいかに活用していくのか…??

コメントを残す