人工知能がすでに人から仕事を奪い始めている?!

人工知能(ArtificialIntelligence/AI)が今年は特に注目された年でした。

人工知能(ArtificialIntelligence/AI)の開発は何十年も前からはじまっておりましたが、今年になってようやく人工知能(ArtificialIntelligence/AI)の時代が訪れたようです。

ご参考までに The Thinking Machine (Artificial Intelligence in the 1960s)

人工知能(ArtificialIntelligence/AI)がビジネスの効率化のために最初に始めたことは、企業のセールス業務でした。毎日のように繰り返される営業のルーティンワークのワークフローを人工知能(ArtificialIntelligence/AI)によって効率化させようという試みです。

人工知能(ArtificialIntelligence/AI)アシスタントには、自然言語処理(NLP)や推論エンジン、自然言語生成などの技術が使われていて、なかなか洗練されたテクノロジーとなっている。人工知能(ArtificialIntelligence/AI)が見込み客との初期コンタクトを自動化し、その後人間の営業に引き継ぐというシステムでした。

人工知能(ArtificialIntelligence/AI)をカスタマーサービスの分野に運用する企業も増えています。人工知能(ArtificialIntelligence/AI)とチャットボット(チャットbots chatbots)を活用し、カスタマーとの初期のコンタクトを自動化していることがその一例です。シンプルなタスクはチャットボット(チャットbots chatbots)に任せ、より複雑なタスクは人間のオペレーターが対応するというものです。日本語に対応した人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を組み込んだ完全なチャットボット(チャットbots chatbots)現在はないのですが、もはや時間の問題と言っても良いところまで技術面では来ております。

人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を営業やカスタマーサービス分野に適用する動きは、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)によるビジネスの効率化のスタートにしかすぎない。今後数年間のうちに人工知能(ArtificialIntelligence/AI)がさまざまなビジネス分野に適用されることが増えていくことは必至では?

約10年後には人を雇用するという概念はなくなっている?!

テクノロジー業界の大物たちがこぞって、約10年後には人を雇用するという概念はなくなっている?!と今年の初めに言っておりましたが、10年どころか、早ければ約2,3年には、本当に人を雇用するという概念はなくなり、有能な人材だけしか生き残れないという厳しい現実が待っているかもしれない…。

わたしたちは、小さな不動産のスタートアップでシリコンバレーのような場所が日本にはないので、横浜市の長津田駅から離れた場所で、人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームを立ち上げ、テクノロジーと古くからの慣習の残る不動産業界を変えるために、コア事業である不動産事業を行いながら、PCなどでプログラミングをいじり、お客様にとってどのようなサービスが良いのかをコーディングし、試しています。

わたしたちは元々は日本の大手不動産会社の営業などの出身者がコアで、あとは、SEO関係に秀でているものやC++を少し触っただけというような、いわばプロのエンジニア集団ではありません。

しかし、やらなければいけないときは必ず来ると思い、Founderは、所謂米国系外資系企業を経て日系大手不動産企業を退職し、起業し、Startup(スタートアップ)としてはじめました。

エンジニアであれば、ある程度の勝算は見込めるかもしれませんが、例えるのであれば、現在の韓国社会のようにさまざまな古い慣習に日本人たちが気付かなければ、社会は変わらないですし、日本は世界から取り残されてしまうのではないか危惧しております…

とにかく💻💻💻📱📱📱💦💦💦

コメントを残す