人工無能

わかりやすく人工知能(artificial intelligence/AI)を説明?!

人工知能(artificial intelligence/AI)を簡単に人に例えると、たくさん本を読んでいる人なんかではないでしょうか??

多くの書物を読んで、それがビッグデータ(bigdata)となって、知識となって、自分でその書物などの情報などから自分自身で考えていく。

例えば日本の小説好きな人がいれば、国語力や読解力やさまざまな知識が1人に集中しています。

または、数学の参考書などをひたすら解読している人がいれば、数学の数式や解き方などのデータなどを1人が持っています。

しかし、ある程度の年齢や経験をしていれば、皆さん誰しもが人工知能(artificial intelligence/AI)の基礎となる大切なビッグデータ(bigdata)だということです。

このいろいろな人のデータ(data)をもっと1人という単位ではなく、世界中から多くのデータ(data)を集めることで、人工知能(artificial intelligence/AI)が作られるという仕組みです。

だから、人工知能(artificial intelligence/AI)というのは、いろいろいな人のデータ(data)が必要で、大切なことは、人工知能(artificial intelligence/AI)のベースになるビッグデータ(bigdata)をどのように集めるのかということです。

だから、何気なく使っているSNSなんかは、楽しみながら実は個人情報を自ら提供しているということです。

こういったSNSなどの仕組みを理解しながらいろいろなサービスを利用していった方が良いように感じます。

携帯電話からスマートフォンになって、位置情報の機能が付いてからは、一般の人でも、スマートフォンの位置情報からどこの場所が今混雑しているのか、今はどこの施設が空いているのかなどもスマートフォンなどの位置情報から、リアルタイムでわかってしまいますからね。

結構いろいろと調べてみると、便利になっていくなあと感じることも多々ありますが、怖いなあと感じることもあります。

いろいろな考え方があると思いますので、何も知らないということが一番怖いですね。

常にいろいろなことを学んでいかなければ…。

しかし、開き直って考えてみれば、人工無能なんかも言われていますが、結局、大切なことは、人と人との人間関係という非常にアナログなことだという個人的な現時点での結論です。

うまくテクノロジー(technology)の進歩と付き合っていかなければいけないなあと思う小さな不動産会社です。😅

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です