不動産資産運用のご相談が増えてきました

人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームです。

最近不動産資産運用のご相談が特に増えてきました。
今までもご先祖様からのお土地を所有されている地主様の相続や相続対策などのご相談を多く承ってきたり、一般の方が一生懸命働いてご購入された不動産資産運用のご相談も多数承ってまいりました。

最近、特に不動産資産運用のご相談が増えてきました。こればかりは時期などによりますが、子供やお孫様などに一生懸命働いて守ってきたお土地(不動産)を残してあげたいという親心というものをしみじみ感じ、お客様からのご依頼でお伺いしております。また大変ありがたいことに、お客様がわたしたち人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームをご紹介してくださったり、またご紹介してくださったお客様がさらにお客様をご紹介してくださったり、お客様には信用していただいて本当に感謝です。

わたしもそのお気持ちにお応えできるようにお客様とご一緒に、お力添えをさせていただいております。

不動産資産運用のご相談をする際に気をつけたり、ご注意していただきたいことは、飛び込み営業のセールスマンには気をつけていただきたいということです。とにかくお客様のことは考えずに、会社のノルマや個人の歩合給が目的で、お客様のことは一切考えていないケースが多いからです。

例えば、土地などの不動産を多く所有されている地主様(特に農家の方が多いのですが)の場合、相続や相続対策のご相談になるケースが多いです。ご先祖様から代々受け継がれてきたお土地などの不動産なので、相続というものに対する考え方に非常にご理解があり、どのようにしたら良いのか良いお話しだけでなく、悪い部分や裏事情まで包み隠さずお土地などの不動産を所有されている方にはお話しをさせていただきます。

もちろん、不動産の所有権を持たれている方やケースによりましては、相続人となる方も含めてお話しさせていただくケースも多く、万が一相続が発生してしまった場合に備えて、相続対策でアパートを建築するのか、またはマンションを建築するのか、それとも物納で不動産を売却されるのかは、お土地などの不動産を所有されている方(地主様)や相続人の方などもご一緒にお話しさせていただくことも多々あります。

相続に備えて相続対策でアパートを建てるまたはマンションを建てる場合は、本当に信頼関係です。どれくらいの規模のアパートやマンションを建築して建てることで、相続対策になるのかご資産をすべて把握させていただかないといけないからです。そのために必要な書類例えば、以前ご説明させていただいた名寄帳(なよせちょう)などが必要になるケースもあるからです。

名寄帳について

相続対策でアパートを建築、またはマンションを建築する場合には、建築会社様の場合は、1Kなどでお部屋を作るようなご提案をする場合があり、利回りを高く見せることで建築の受注をされたいケースが多いのですが、もちろん場所にもよりますので…。

仮りに1Kのようなお一人暮らしのお部屋のアパートやマンションを建築する場合は、長期的にお住まいになられる方はそこまで多くはなく、ご入居や退去など、ご入居者様の入れ替えが多いこともお話しさせていただきますし、ご入学やご就職されるお客様の多いシーズンや時期など、お部屋をお探しされているお客様の多い時期でしたら需要はありますが、そういった時期やタイミングが合わない場合、長期空室というリスクもあることもお伝えをして、お土地や不動産をお持ちの方や相続人の方などと一緒に、どのようにすれば良いのか考えます。

ここでも気をつけていただきたいのが、空室保証付き一括借り上げをされる建築メーカーや不動産会社にもご注意ください。

空室保証付き一括借り上げをされる建築メーカー様は建築の時点ですでに利益が出ております。そしてさらに一括借り上げと言って、安定収入が入ってくると思いきや、管理料を取られ、時期によって空室保証の借上げ賃料を値下げされるケースが多いからです。

とある空室保証付き一括借り上げをされる建築会社様は、建築で利益が出ているのに、さらに管理料で約20%もの管理料を取るところもありますので(一般的な一括借り上げの相場は、8~10%)。また、空室猶予期間というものにもご注意を!!空室猶予期間が3ヶ月の空室保証付き一括借り上げも増えております(一般的には空室猶予期間は1~2ヶ月)。

さらには、また別の空室保証付き一括借り上げをされている不動産会社様の場合、新築時や築年数が浅く、ご入居者様がご入居いただけるときは空室保証付き一括借り上げをし、いざ物件が決まらなくなったら、まずは空室保証の金額の値下げ交渉をされ、最悪の場合、空室保証契約を切られてしまうケースもありますので。

相続が発生した場合に物納することをお考えの方も、どこのお土地や不動産を売却すれば、相続税をお支払い出来るのか相続の不動産売却の税金などもある程度教えていただくことがありますので。安易に大切なご資産を教えないように気をつけてください。

また、一戸建てやマンションを所有されている方の場合、工事会社、リフォーム会社から大規模な修繕をご提案されているケースが多々あります。わたしたちは、お部屋を拝見させていただければ、内装に関しましては、どこをどうすればできるだけ費用を掛けずにお部屋をきれいにリフォームできるのか、また、すでに工事会社やリフォーム会社の見積もりを見れば、その工事会社やリフォーム会社の見積もりが本当に適切な金額なのか、または、工事する必要があるのかどうなのかもある程度は把握できますので、一戸建てやマンションをお持ちの方と一緒に考えさせていただきます。
(但し、築年数によりましては、配管などは、見えないところですので、きちんとした工事会社様やリフォーム会社など信頼できる職人様や建築士の方などに見ていただく必要もあります。)

いい話だけでなく、悪い部分もきちんとお話しをさせていただいて、お客様の大切な不動産の不動産資産運用のご相談をご一緒にできればと考えております。

コメントを残す