不動産おとり広告

私たちの本ウェブサイトでは、物件検索機能は付けていません。

なぜ物件検索機能を付けないのか??

あたりまえのことかもしれませんが、日本全国の物件がすべて私たちの物件情報ではないということです。

これは、他の大きい不動産会社や小さな不動産会社などの大小はまったく関係ないのです。
 

 
不動産ポータルサイトも少しだけ活用しておりますが、本当に少ししか物件は掲載しておりません。

例えば、このようなことはないでしょうか??

不動産会社のホームページを見て物件検索をしてみた➡物件がすでにない??

不動産ポータルサイトの物件情報を見て物件の問い合わせをしてみた➡物件がすでにない??

では不動産のおとり広告の見分け方は??

不動産会社1店舗で何百件と物件掲載をしているところの多くは、物件情報の空室状況の確認をほとんどできていないことが多々あります。

それはどういうことなのか??

シンプルに言えば、他の不動産会社の物件情報を掲載している。つまり自分の会社の物件情報ではない物件を掲載していることが多いからです。

そして、物件の空室状況の確認、情報管理ができていないという現状があるからです。

ではそのからくりは??

最近では不動産仲介会社が増えてきており、自社物件ではなく、他の不動産会社の物件情報を掲載しているケースが多く、物件情報の管理ができていないという実状があります。

物件探しをしたことのある方は、よく不動産会社に実際に行ったり、電話で気になる物件があった場合に問い合わせをしてみたら、「ちょっと現在の空室確認をしてみます。」「現在の募集状況を確認してみます。」と言われ、折り返しのご連絡先をなんてやりとりはないですか??

実際に不動産会社に行った方の場合、不動産営業マンが電話をしているという場面を見たことはないですか??

あれは、自分の会社の物件ではなく、他の不動産会社の物件情報を掲載している、つまり物件情報元の不動産会社に空室確認や募集状況を確認をしているケースがほとんどだからです。(注:一般媒介で不動産会社何件に募集依頼をされている所有者様もいらっしゃいますので。)

物件情報を多く掲載した方がお客様からの反響が増えることは想定はできます。

しかし、厳密に言えば、現時点では、常時物件情報元の不動産会社に物件の空室状況や募集状況の確認をしなければいけないという現状があり、これは掲載している物件が多ければ多いほど、人手や時間などの問題からして、物理的に無理なことが多いからです。

ましてや、物件情報を掲載している不動産会社も物件情報元の不動産会社も、結局はテクノロジー(technology)がこんなに進んでいるのに、結局は人がデータを打ち込んでいるという非常にアナログなのです。

不動産会社が悪いと思う方も多いと思いますが、これは不動産業界に限ったことではないと個人的には思います。

例えば、何気なく楽しんで利用しているSNS。SNSはデータの宝庫。何気なく利用しているSNSに自ら個人情報やいろいろな情報を提供していることと同じように、誰かが常に情報を監視してくれれば良いのですが、テクノロジー(technology)が追いついていないという現代社会の実状もあります。

不動産業界に関して言えば、不動産会社もやりたくてやっていることではないのです。もちろん物件の情報管理ができていない不動産会社もいけないとは思いますが、こういった不動産システムである日本の不動産業界のルールを適正にするシステムを国の機関などが構築しなければいけないのではないのかと個人的に思います。

例えば、不動産の先進国アメリカ合衆国と日本の不動産システムとの大きな違いなどもあります。

日本の不動産システムとアメリカ合衆国の不動産システムの違い

ただし、このアメリカ合衆国の不動産システムにも疑問はありますし、今の日本の不動産システムにも疑問があり、いずれにしましても、どこかの組織や個人が利益を得ているのではないのかという不動産会社としての立場としての意見もあります。

何よりも、お客様にご迷惑が掛からないようなシステム構築を…。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です