上場企業でブラック企業??

最近は何かと噂をされている企業のあり方について疑問に思います。

しかし、上場企業が良いとは限りません。むしろ上場企業でブラック企業が何社あるのか?

そもそも日本取引所という日本国内のマーケットにおいて、上場したからといって果たしてそれが凄いのか、そして上場企業に勤務しているから凄いのか偉いのかとても疑問に思うことがあります。

最近、日本ではステータスとされていて、華やかな業界として一般的には認知されている上場企業の社員の方が過労死したことが問題になっています。

誰かが誰かの消費者で、社員は「人財」

では、そういった上場企業はブラック企業ではないのか?

そもそもブラック企業でも上場できてしまうということは、一体社会全体や国の仕組みは一体どうなっているのか疑問に思います。

そもそも日本で上場するためには、日本取引所グループ(東京証券取引所、大阪取引所、日本取引所自主規制法人、日本証券クリアリング機構)などの上場の審査基準を満たす必要があります。一部上場企業、二部上場企業、マザーズ(Mothers/Market of the high-growth and emerging stocks)、ジャスダック(JASDAQ)とありますし、企業の規模としては上場企業並みにも関わらず上場しない企業もあります。

企業のあり方というものや、上場企業でもいつ倒産して潰れてしまうかわからない時代ですからね。

大リストラ時代到来?!

人工知能がすでに人から仕事を奪いはじめている?!

ましてやテクノロジーの進化で安定という概念が一体何のかもわかりません。
一番良くないことだと唯一個人的に言えることは、常に謙虚で一生勉強することだと考えております。

例えば日本の上場企業で、社員のことを本当に考えてる企業はどれくらいあるのか?
また、上場企業に勤務しているからステータスになるのか?
果たして上場企業に勤務している社員の方たちは幸せなのでしょうか?
そのまたご家族の方たちは幸せなのでしょうか?

もちろん企業の多くは非営利団体ではなく、営利団体ですので、目標やノルマなどの数字は大切ではあると思いますし、個人的にも何が正解なのかわからないのですが、一体幸せというものは何なのか思う今日この頃です。

あくまでも個人的な考え方で、あたりまえのことですが、人生は一度きりです。答えは非常にシンプルです。

しかしその与えられた人生をどうするのかは一個人の価値観ですので、It’s up to you.YOLO!!
上場企業審査基準-日本取引所グループ
新規上場ガイドブック-日本取引所グループ

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す