ラノベがスターウォーズ新作に影響を?!

世界的な大ヒットを続けるSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン」。「ローグ・ワン」に抜擢されたギャレス・エドワーズ監督(Gareth Edwards)は、まだあまり知られておりませんが、ライトノベル(ラノベ)日本映画から大きな影響受けていた。

ギャレス・エドワーズ監督(Gareth Edwards)自信が、黒澤明監督の七人の侍や用心棒、座頭市、AKIRAなどの影響を大きく受けていると本人が語っております。

「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン」はハリウッド映画でありながら、今回は主要な役に中国のスター俳優ドニー・イェンやメキシコ出身のディエゴ・ルナらを起用し、世界市場を意識したキャスティングでは?と注目を集めております。

「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン」ギャレス・エドワーズ監督(Gareth Edwards)の本音は、宇宙やロボットなど地球上のさまざまなキャラクターが登場し、であれば、地球上の多種多様な人種を登場させたかったと述べております。ではなぜ日本人をキャスティングに使わなかったのかというと、日本映画の本当にマネになってしまうからだと述べております。

今までに見たことのないハリウッド映画の超大作「スタ・ウォーズ」に期待ですね?!

コメントを残す