ラノベがスターウォーズ新作に影響を?!

世界的な大ヒットを続けるSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン」。「ローグ・ワン」に抜擢されたギャレス・エドワーズ監督(Gareth Edwards)は、まだあまり知られておりませんが、ライトノベル(ラノベ)日本映画から大きな影響受けていた。

ギャレス・エドワーズ監督(Gareth Edwards)自信が、黒澤明監督の七人の侍や用心棒、座頭市、AKIRAなどの影響を大きく受けていると本人が語っております。

「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン」はハリウッド映画でありながら、今回は主要な役に中国のスター俳優ドニー・イェンやメキシコ出身のディエゴ・ルナらを起用し、世界市場を意識したキャスティングでは?と注目を集めております。

「スター・ウォーズ」シリーズの新作「ローグ・ワン」ギャレス・エドワーズ監督(Gareth Edwards)の本音は、宇宙やロボットなど地球上のさまざまなキャラクターが登場し、であれば、地球上の多種多様な人種を登場させたかったと述べております。ではなぜ日本人をキャスティングに使わなかったのかというと、日本映画の本当にマネになってしまうからだと述べております。

今までに見たことのないハリウッド映画の超大作「スタ・ウォーズ」に期待ですね?!

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す