モバイル決済会社Paytmがデジタル銀行をローンチ

日本の金融機関のシステムも変わるかもしれません…。

企業に限らず、金融機関をご利用の方でしたら皆さんにも関係するかもしれません。

インドの大手モバイル決済会社Paytmがローンチしたデジタルバンクが日本の金融システムやお金のやりとりに影響を与える??

Paytmの創業者兼CEOのVijay Shekhar Sharmaが、地元メディアが通じて発表をしたようで、The Reserve Bank of India (RBI)は、わずか30~60日でシステムを導入することができるようです…。

Paytmの動きでFintech(フィンテック)もさらに動きそうです。

不動産事業は決済の際などに金融機関のシステムと関係深いので、エントリー。

Paytm Payments Bankの目的は、世界の金融業界で新しいビジネスモデルを構築することのようで、。テクノロジを活用した新しい決済サービスというモデルで、日本の金融システムにも影響を与えるような気がしましたので…。

Paytm Twitter(ツイッター)

Paytm Facebook(フェイスブック)

わたしたちのいる日本の不動産業界にも関わらず、世界は本業は当然ならその事業を継続的に行うことは必要ですが、コア事業だけすでに構築されたシステムに満足をしていたり、本業以外でもテクノロジーやイノベーションの発展には欠かせないプログラミングの構築などの知識も最低限勉強しておかないと、世界から取り残されてしまいそうに感じましたので。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す