モバイルサイトチェック

テクノロジーのことを勉強してきて、非エンジニアでもなければ、プロのプログラマーではなく、一不動産会社でここまでまずはこれたことに🤘🤘

しかし、当たり前のことですが、終わりはないので、コア事業の不動産事業とともに新しい不動産サービスを制作できるように常に邁進します。

パソコンに関しましては、すでに多くの方が使われていると思いますが、PHSから始まり、いわゆる携帯電話と呼ばれていた時代からモバイルと呼ばれるようになりました現在。

スマートフォンの進化はとても速く、スマートフォンに対応したWebサイトを構築できているのかどうかはプロの方であってもなかなか判断できないようです。そんな時には本家であるw3cの仕様に沿うのが良いようです。

今回ご紹介するのは、Mobile Checker(モバイルチェッカー)と言いまして、w3cが作成しているモバイルデバイスへの適合性チェックツールです。

現時点では、3種類のデバイスの大きさでチェックできます。

Mobile Checker(モバイルチェッカー)では特定のデバイスではなく、ディスプレイの大きさに合わせた適合性を判断するようになっております。基本的にw3cの仕様に合わせてWebブラウザは開発されているので、Mobile Checker(モバイルチェッカー)の指摘に合わせて修正すればOKなはずです。

ちなみにMobile Checker(モバイルチェッカー)はMIT Licenseのオープンソース・ソフトウェア。
Mobile Checker

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です