ペンス副大統領は厚木基地に到着していた

緊張感が高まるアメリカ合衆国と北朝鮮との関係。

この巻き添えになりそうなのは、わたしたち日本や韓国にも大きな影響があります。

そんなアメリカ合衆国副大統領ペンス副大統領(Vice President Pence)は、エアフォースⅡ(Air force Ⅱ)で米軍厚木基地に到着していた。

海外の要人来日の際には、羽田空港などを利用することが多く、アメリカ合衆国の要人が来日する際にも羽田空港か横田基地を利用することが多いのですが、アメリカ合衆国副大統領ペンス副大統領(Vice President Pence)は、米軍厚木基地に降り立つというような異例の行動を見せた。

ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur)が来日した時と同じで、何だか意味深く感じます。

厚木基地は、わたしたちのエリアからも非常に近い。

実際に厚木基地のある大和市や綾瀬市、そして周辺の座間市や海老名市、横浜市や町田市や藤沢市などの住民の方からの厚木基地に関するさまざまな意見も多い。

万が一アメリカ合衆国と北朝鮮が軍事衝突となった場合には、北朝鮮も当然のことながら厚木基地は攻撃対象になっていると思います。

しかし、今日本人として考えなければいけないことは、賛否両論あるとは思いますが、理想論の憲法と、現実的な憲法のあり方なように感じます。

万が一有事の際には、最近の緊張感で良く聞くJアラート(J-ALERT)は果たして効果があるのでしょうか??

もちろん武力行使という選択肢は個人的には避けたいですし、世界中のどこかで常に戦争が行われていて、何も罪のない多くの人たちが犠牲になっていることに憤りを感じます。

そして、今、実際にわたしたち日本がこういった武力による戦闘に直面しそうになって、ようやく日本という国に関して考え始めた方も多いとは多いとは思います。

わたしたちは、非エンジニアですが、武力行使をせずにサイバー攻撃で、例えば原子爆弾のような恐ろしい化学兵器を打とうとしている国や組織などの回路を攻撃できれば、武力行使や戦争もなくなると感じ、個人的にそういった知識やノウハウがないことにもやーっとしています。

このサイバー攻撃が善なのか悪なのかという基準もわかりませんが、結局はサイバー攻撃をするのも人です。

サイバー攻撃と言えば、悪い印象がありますが、平和的なサイバー攻撃というものも個人的にはあるように感じます…。

賛否両論あるとは思いますが、これもテクノロジーをうまく活用する手段の一つではないのかもしれません。

日本が好きすぎてすみません。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す