フリーメーソン?!ピーター・ティール(Peter Thiel)とは

都市伝説やフリーメーソンについて詳しい方ならピーター・ティール(Peter Thiel)について詳しい方は多いでしょう。

ちなみにわたしは無宗教ですので…

そんな

ピーター・ティール(Peter Thiel)とは何者なのか

1967年10月11日当時の西ドイツのフランクフルトに生まれ、1歳のときに家族とともにアメリカに移住。スタンフォード大学で哲学を学び、学士の学位を取得。その後スタンフォード・ロー・スクールに進み、法務博士の学位を取得。

ピーター・ティール(Peter Thiel)画像

そんなピーター・ティール(Peter Thiel)が一躍時の人となったのは、VC(ベンチャーキャピタル)としては、Lindkin(リンクトイン)、Tsla(テスラ)、SpaceX(スペースX)、Youtube(ユーチューブ)、yelp(イェルプ)などにも投資をし、ピーター・ティール(Peter Thiel)から投資を受けた企業もいまや世界のビッグ企業と化しています。ピーター・ティール(Peter Thiel)自信もPayPal(ペイパル)を共同設立し、2002年に15億ドルでeBayに売却するまでPayPal(ペイパル)最高経営責任者を務めた。ちなみに現在は、Facebook(フェイスブック)の取締役でもあり、アメリカ合衆国大手のVCでもあるY Combinatorパートナーとしても活動をしております。

今回のアメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ(Donald Trump)を支持するリストに名前の中にシリコンバレーのテクノロジー業界の大物ピーター・ティール(Peter Thiel)の名前も。その当時ドナルド・トランプ(Donald Trump)支持を公言するテクノロジー業界の大物はほかにはいなかったのですが、ピーター・ティール(Peter Thiel)は批判も恐れずドナルド・トランプ(Donald Trump)支援した。ピーター・ティール(Peter Thiel)がドナルド・トランプ(Donald Trump)を支持することはテクノロジー業界やシリコンバレーも衝撃を受けた方も多いようですが、リバタリアンであるピーター・ティール(Peter Thiel)は、社会というものの存在にも懐疑的で、競争や競合とは共産主義の概念だとし、同じものを奪い合ったりせずに上手く棲み分けられるような独占を目指すべきだと主張してきている。金儲けのためだけでなく、人類を進化させる本物の技術に投資すべきという考えがピーター・ティール(Peter Thiel)の根底にある。

ちなみにリバタリアンとは、説明すると長くなるので、簡単に言えば放任主義と言えばよいのでしょうか。

いずれにしましてもピーター・ティール(Peter Thiel)がドナルド・トランプ(Donald Trump)のアメリカ合衆国選挙当選の立役者ともいうう方も多い。わたしも実態が掴めていないピーター・ティール(Peter Thiel)とフリーメーソン(Freemasonry)との関わりは?!

たまたま先日フリーメーソン(Freemasonry)のお話しになりましたのでlol

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す