トランプの本当のWiki

最近は、アメリカ合衆国大統領選挙で勝利したドナルド・トランプ(Donald Trump)のことを多く書いておりますが…。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

わたしは、アメリカ合衆国国民でもなければ、ドナルド・トランプ(Donald Trump)の支持者でもない。

ただし、アメリカ合衆国本土では、ドナルド・トランプ(Donald Trump)のアメリカ合衆国大統領選挙で勝利に反対するデモが未だに続いているようです。

アメリカ合衆国の反ドナルド・トランプ(Donald Trump)の有名人たちもSNSで未だにいろいろなことをSNS上で拡散しておりますが…。

しかし、これが民主主義だから仕方ないのでは?

しかし、個人的には、ドナルド・トランプ(Donald Trump)自体が、本当のアメリカンドリームの象徴の一人でもあるような気がします。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)は、今では周知のとおりアメリカ合衆国の不動産王として知られていますが、わたしたちの独自情報で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)とビジネスとして以前ドナルド・トランプ(Donald Trump)と商談をした方からの話しを聞いてみると、昔の話しにはなってしましますが、当時のドナルド・トランプ(Donald Trump)はスラッとして、紳士という印象だったようです。

さらに、実は成功者としてもてはやされているドナルド・トランプ(Donald Trump)だが、実はドナルド・トランプ(Donald Trump)は4度の破産を経験しています。

それでも挫折を繰り返しながら、這い上がってきたのがドナルド・トランプ(Donald Trump)だ。

Never give up精神でアメリカンドリームを手に入れたドナルド・トランプ(Donald Trump)が皮肉なことに本当のアメリカ合衆国を象徴するアメリカンドリームを手に入れた人たちの一人なのです。

いろいろなドナルド・トランプ(Donald Trump)の過激な発言の裏には、そういった過去の挫折や経験というものが現在のアメリカ合衆国に対する本音なのではないのかと個人的には考えます。

ただし、ドナルド・トランプ(Donald Trump)は、これからは、一国を担う主ですので、偏見や先入観だけでは、ドナルド・トランプ(Donald Trump)が描くアメリカ合衆国は描けないのではないでしょうか?

日本人からは想像がつかないとは思いますが、欧米での格差への不満は大きく、根深い社会問題で、移民排斥問題もその一つです。ただし、今回のドナルド・トランプ(Donald Trump)のアメリカ合衆国大統領選挙の戦略について、シリコンバレーの投資家の一部の方の意見では、ドナルド・トランプ(Donald Trump)は賢くはないのですが、ドナルド・トランプ(Donald Trump)が今回集めたブレインは、かなり優秀で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)の過激な発言も計算上と認識している方が多かったようです。

また、個人的な意見ですが、ドナルド・トランプ(Donald Trump)が大統領になれたということは、まず日本では考えられないことではないでしょうか?結局日本は、「地盤・看板・かばん」の社会ですし、日本企業が衰退した理由は、個人的な考えですが、所謂学歴重視、履歴重視で、そのときの本当のその人の能力を見い出せていないからでは?

例えば、海外では、転職回数が多いほど、それが良いと考えられています。

しかし、日本の企業は、大学を卒業していなければ、企業の採用選考にエントリーできない。履歴書で、転職回数が多いと、それだけで採用選考から外されてしまう。LinkedInなどを見ると、海外の方たちは普通に5~10社くらい転職して、現在世界をリードしている企業にいたりすることは普通にありますからね…。

むしろ、LinkedInのようなサイトだからかもしれませんが、最初に入社した企業一筋という方が少ない。

現在の社会は、年齢や学歴などは本当に関係ない。どれだけの能力を持っているのかということを見い出すことが必要なのではないでしょうか?

すでにとても前からいわれておりましたが、人工知能(artificial intelligence/AI)が雇用を支配すると言われているので、人工知能(artificial intelligence/AI)などのようなテクノロジーの能力は少なくとも本業と同じように持っておかなければ、社会を生き抜いてはいけないのではないでしょうか?

 

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です