チャットボットの作り方

そもそもチャットボット(チャットbots chatbots)とは…
チャットボット(チャットbots chatbots) とはメッセンジャーアプリなどを活用して、わかりやすく言えば、チャットをしたときにキーワードを設定しておくと自動で設定したキーワードからメッセージを返信してくれるものです。

Twitter(ツイッター)のbotなんかは、結構前から機能として使われていた方も多いとは思いますが、最近はFacebook Messengerや日本ではLINE、海外ではWeChatやTelegram、Slack、kik、Skype(スカイプ)など、さまざまなコミュニケーションツールが出てきました。

例えば、Facebook Messengerでは、Facebookへの登録が必要ですが、Facebook Developersから今ではAPIやfasttextというもので、Githubなんかでも海外の多くの方たちが、いろいろなチャットボット(チャットbots chatbots) なんかも公開しております。

日本では、メッセンジャーアプリと言えば、LINEですが、LINEもLINE Business Center(https://business.line.me/ja/)なんかで、APIや自分でチャットボット(チャットbots chatbots)が作れるようになっております。ちなみにLINEでチャットボット(チャットbots chatbots)を作成した場合、このような感じでLINEのチャットボット(チャットbots chatbots)が作れます。

こちらは、LINEのチャットボット(チャットbots chatbots)動画です。

しかし、今、世界でもっとも使われているメッセンジャーアプリはFacebook Messengerで、Facebook Developersへ行くと、海外の方からの公開が多いのですが、ちょっとしたヒントがもらえるのでは?

ちなみに日本でしたら、Facebook MessengerやLINEがコミュニケーションツールとして多いので、興味のある方は下記記載の流れで登録していじってみるのも良いかもしれません。

■まずはアカウントを用意します

Facebook Messengerでは、Facebookへの登録が必要で、LINEでは、Bot Trial Accountへの登録が必要です。

■ボット(bot)を作るための最初の設定は…

設定をマニュアル化し、自動化、そしていろいろな情報をコピペするだけで作れます。

まずは、いろいろと打ち込んでみて、チャットボット(チャットbots chatbots)を作ってみて試してみると面白いですよ!!

わたしたちは、普通のトークまでは制作できたのですが、コア事業が不動産ですので、不動産関係の独自のチャットボット(チャットbots chatbots)を作りたいのですが、そこからがどうすれば良いのか?

本業をやりながら、ほかにもいろいろと試しているのでなかなか理想のチャットボット(チャットbots chatbots)ができず…

それでも一般の方でしたら、通常会話程度でしたら制作は、できると思いますので、ぜひお試しを!!

しかしながら、最近ですと、チャットボット(チャットbots chatbots)やAI、APIなども絡んでくるので。

 

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す