スタバは難民受け入れと人工知能導入?!

スターバックス(Starbucks)は、難民受け入れを発表…同時にスターバックスは、My Starbucks barista(マイスターバックスバリスタ)アプリに新しい機能を追加し、音声アシスタントを活用して、注文をすることができるサービスも発表??

お客様は音声認識してもらうだけで食事や飲み物を注文することがでる。

スターバックス(Starbucks)の今回の機能には、Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)のプラットフォームのスキルを公開しています。
お客様はEchoスピーカーやその他のAlexa搭載デバイスと話すことで、お気に入りの食事やドリンクを注文できるということです。

スターバックス(Starbucks)が今回用いた機能には、人工知能(artificial intelligence/AI)を利用しているようで、スターバックス(Starbucks)アプリの新しいメッセージングインターフェイスを通じて、お客様から受けた注文をを処理しする仕組みになっているようです。

スターバックス(Starbucks)では、お客様は人工知能(artificial intelligence/AI)チャットボット(チャットbot chatbos)スタイルの注文をメッセージすることで仮想アシスタントとやりとりすることもできる。このアシスタントは、お客様が注文したい場所を確認し、支払いの処理にも役立ちます。

アメリカ合衆国ではすでに人工知能(artificial intelligence/AI)がすでに盛んで、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)も制作できるはずなのに…??

Download video for media use

まずはわたしたちは簡単なチャットボット(チャットbot chatbos)機能を搭載させてますが、きちんとした不動産向け人工知能(artificial intelligence/AI)チャットボット(チャットbot chatbos)や人工知能(artificial intelligence/AI)にとるサポートをお客様が受けられるようなプログラムもコア事業不動産事業と並行して開発したい。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です