カウントダウンタイマーのソースコード

今年もさまざまなSNSなどを通じて、いろいろな方と新年あけましておめでとう(Happy New Year)メッセージを贈られた方も多いのでは?

bot設定をしておけば、事前に設定しておけば、設定した相手に決まった時間に事前に設定をしておいたメッセージを簡単送信することはできますが、個人的には、便利な世の中になりましても、自らの手で、時間が掛かっても、一人一人にその時間の生のメッセージを送りたいという気持ちで、bot設定はあえて使わなかった。

bot設定とあまり変わらないかもしれませんが、Webサイトやスマートフォンなどでカウントダウンタイマーを設定する際の簡単なソースコードを本当にシンプルな部分だけご説明をします。

Webサイトやスマートフォンのデザインなどは、javascriptが関係する場合が多いかとは思いますが、javascriptなどの設定は、好みがあるとは思いますので、javascriptに関しましては割愛をさせていただきます。参考ですので、日付プラス詳細な時間も設定できますが、今回は簡単なカウントダウンタイマーのソースコードをご参考までに。

<div class=”apply_lp_limit_count”>
<p class=”limit_date”>カウントするまでの日付</p>

</div>

ちなみにjavascriptを設定したい方は、いくつかソースコードはありますが、例えばこのようなソースコードをご参考までに。
<script type=”text/javascript”>ではじめ、</script>で設定を宣言すれば良いとは思いますが、最近はさまざまなソースコードがありますので、お好きなお好みのソースコードを使ってみてください。

カウントダウンのソースコードの設定などは、ビジネスでお使いの場合は、アンケート調査やマーケティング調査などにも活用できるとは思いますので、Web制作会社やプログラマーではない方でもプログラミングやコーディングなどでソースコードをいじってみてください。

Twitter(ツイッター)やMessenger(メッセンジャー),日本で言えばLINEなどのようなメッセンジャーアプリでもカルーセル形式で、選択肢を設定することも可能ですので、ビジネスではなく、個人的に「これについてどう思いますか?次の中から選んでください。」みたいな設定も日々簡単になっておりますので、ご興味のある方はお試ししてみてください。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す