インターネット不動産契約

遠方からの引っ越しの際に、何度か不動産会社にわざわざ足を運ばなければ行けなかったのですが、ようやくインターネットを活用して不動産契約ができる第一歩になりそうです。

個人的には、ようやくかというような感じですが、まだ完璧ではないようですが、徐々にインターネットで不動産契約を行うことができるように整備をしています。

少し前からインターネットでの不動産契約の実験を行っておりましたが、試験的に運用を行っていたため、本当に限られた不動産会社しかIT重説ができなかった。重説(重要事項説明書)は、宅地建物取引士が事務所で行うことと定められておりましたが、IT重説の試験運用に参加できた不動産会社の取引にトラブルが少なかったようで、徐々にインターネットでの不動産契約ができるようになっていきそうです。

このIT重説は、賃貸取引が中心でしたが、徐々に不動産売買契約でもIT重説を取り入れていくように国土交通省が発表しております。

いやあ遅れているような気がするのですが…。

インターネットでの不動産契約が可能になれば、お客様は何度も不動産会社に足を運ぶ必要がなくなります。

わたしたちもIT重説を行うことが決まってすぐに申し込みをしようとしましたが、すでにIT重説を行う不動産会社は決められていて、結局は、申し込みができなかったのですが、どのくらいの範囲でIT重説を行わせてくれるのでしょうか??

そもそも未だにITって…。

国土交通省

コメントを残す