アメリカ合衆国GoldenKeyが不動産業界を改革??

アメリカ合衆国の不動産会社GoldenKey(ゴールデンキー)がアメリカ合衆国の不動産業界を改革しようと動いているようです。

アメリカ合衆国の不動産会社GoldenKey(ゴールデンキー)は、「伝統的な不動産」を変えようとしているようです。

先端を行くアメリカ合衆国の不動産が「伝統的な不動産」であれば、日本の不動産は超保守的で超伝統的で超慣習的な不動産のように感じますが…。

アメリカ合衆国と日本の不動産では不動産システムがそもそも違いますが…。

通常は、買主または売主として、不動産を売却または購入する際に、不動産会社は買主または売主側の手数料を受け取るエージェントと仕事をします。GoldenKey(ゴールデンキー)はエージェントに支払う金額(日本で言う、いわば仲介手数料のようなもの)を定額料金にするようです。

日本の不動産はもっと奇妙なシステムや慣習や囲い込みのようなものが多いのですが…??

誰かが誰かの消費者(consumer)なわけですからね…。

もちろん非営利団体ではなく、営利団体としてビジネスとして成立するためには、お客様にご満足をいただける知識やサービスが必要だと考えております。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す