アメリカ人工知能連合設立

IBM(アイビーエム)Microsoft(マイクロソフト)Google(グーグル)Amazon(アマゾン)Facebook(フェイスブック)Google傘下のDeepMindが、9月28日に人工知能(artificial intelligence/AI)の普及とベストプラクティスを共有する非営利団体「Partnership on AI」の立ち上げを発表。人工知能(artificial intelligence/AI)の普及促進を共同で図るということ以外にそのほかの背景の詳細な説明がなかったこともあり、米国政府などの関与があるのではないか、との指摘もあった。

ibm-watson%e3%83%ad%e3%82%b4

これについて、IBM World of Watsonでの取材中に真相がはっきりした。日本IBMの執行役員でワトソン事業部長を務める吉崎敏文氏は「IBMのWatson(ワトソン)研究所に5社を集めた。重要なのは人工知能(artificial intelligence/AI)の市場を立ち上げること。そのためのフレームワークなどをつくることが目的だった。人工知能(artificial intelligence/AI)を脅威と考える世論が米国にあることも理由の1つ」と述べた。

6社はあくまでも初期メンバーであり、今後も広げていくという考えを示した。IBMと提携しているApple(アップル)などが入る可能性も理想だという情報も。アメリカ合衆国政府の関与はないとのこと。

結果的に“指南役”は背後にいたわけではなく、IBMだったことになる。ただし、人工知能(artificial intelligence/AI)やWatson(ワトソン)が目指す領域には今後さらに政府が関わるようなものが多くなってくると考えられ、米国政府の人工知能(artificial intelligence/AI)のとらえ方には注目が集まる。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

Partnership on AI

コメントを残す