これからはWi-Fiの2倍のWiGig時代へ

プログラミングなどの基礎の基礎、そもそもパソコンやスマートフォンの速度の規格がWi-Fiよりもさらに高速の通信を可能にする新規格WiGig(ワイギグ)搭載のスマートフォンやパソコンなどが主流になりそうです?!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

世界中のさまざまな企業が加盟している非営利団体Wi-Fi Allianceが、WiGig(ワイギグ)の認証を開始することを発表しました。

Wi-Fi Allianceの発表によると、混雑度が低い第三の周波数帯である60 GHzを活用するWiGig(ワイギグ)という周波数帯を活用して高速通信を可能にするようです。

WiGig(ワイギグ)は、現在使われているWi-Fiのトップスピードの約2倍の速度になるようです。

ただし、WiGig(ワイギグ)にはメリットとデメリットがあり、デメリットとしては、10mという近距離内でしか使えないようです。

WiGig(ワイギグ)のメリットとしては、高速なのでVR機器や4Kビデオなどへの対応が可能だということです。

最近いろいろなメーカーが競って出しているVRのヘッドセットを使用するとき、現在は無線の速度がついていけない場合が多く、ケーブルでパソコンなどに繋ぐことが多いと思いますが、WiGig(ワイギグ)を使えば無線でストレスなく利用ができるようになるようです。

WiGigは全く新しいものではなく、この技術を搭載した製品は既にマーケットにあるにはある。ただ、それらの数は限られている。

Wi-Fi AllianceにはMicrosoft(マイクロソフト)やApple(アップル)など世界の大手企業など約600社が加盟していて、今回のWi-Fi Allianceの発表で、これからは、WiGig(ワイギグ)対応の製品が一気に市場に出回る方向になりそうです。

Wi-Fi Alliance

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です