これからはアメリカ,ロシア,中国ではなくAIだ?!

いろいろな国でさまざまな問題が浮上し、外交問題に今後どのように対応したらよいのか困惑している日本。

個人的には、例えば、典型的な例で言えば、韓国(大韓民国)のように、国そのものが危うく、本当に社会構造の転換の時期ではないのでしょうか?

今日本は、アメリカ合衆国に対してどうするのか、またはロシアや中国などについてどうするのかなどと言っておりますが、個人的な見解と致しましては、国レベルの外交というものはもちろん大切ですが、もはや一番大事な相手は、人間が作る人工知能(ArtificialIntelligence/AI)ではないでしょうか?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

さまざまな国で、軍事用の人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を搭載させたロボット(robots)が開発され、テック業界のFounderのほとんどが余裕をもって、約10年以内には人を雇用するという概念がなくなると言われておりますが、実際にはもっと早くその時期が来ることになると予想しております。

ちなみに、軍事用の人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を搭載させたロボット(robots)です。

BigDog Overview 動画こちらはすでに約6年前にアップされております。

Petman Tests Camo動画 完全に人型です。

Atlas, The Next Generation 動画

もはや、人間が作り出すロボットによって社会は変わります。もちろん、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を搭載させたロボット(robots)がすべて良いものだと当然のことながら良いのですが、悪意を持った人間が人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を搭載させたロボット(robots)が深層学習(ディープラーニング)できるようなプログラム開発などに成功してしまったら地球は滅亡です。

すでに超小型ドローンに人工知能(ArtificialIntelligence/AI)を搭載させた大量殺戮兵器が作られておりますので…

外交も大切ですが、そういったテクノロジーの面で、わたしたちは、非エンジニアですが、そう遠くない未来のロボット社会に対応するために、コア事業である不動産事業と並行して、非エンジニアながら、テクノロジー関連のさまざまなことも習得しようとしております。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す